ここから本文です

意識調査

現在の総投票数287,592,242

結果

世界が注目する観光地キューバ…あなたは、行きたい?

ANN

ANN

 米国とキューバが54年におよぶ対立に終止符を打ちました。今月20日には、正式に国交を回復し、双方の大使館が再開されます。すでに5月には、米国が「テロ支援国家」の指定を解除するなどこれまでのキューバのイメージを払しょくする動きもあり、両国の交流も一気に加速しそうです。世界からも、キューバは改めて「観光地」として注目が集まっています。
 そこで、懸念されているのが、国交正常化で米資本の進出による「米国化」です。社会主義体制の中で、独自の生活や文化を貫いてきたキューバ。スペイン植民地時代の面影を残すコロニアル調の街並みやいまだに現役で走る「古いアメ車」などを見たくて訪れる人も多いようです。文豪ヘミングウェイも愛したという「古き良き時代のキューバ」はこのままずっと保存されるのか…。それとも…。

こんなキューバ、あなたは行ってみたい?(設問提供:BS朝日「いま世界は」
※コメント内容はBS朝日「いま世界は」にて匿名で紹介させていただく可能性があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

合計:23,576 実施期間:2015年7月3日~2015年7月12日

  • アメリカナイズされる前に行きたい
    31.2%
    7,36231.2%
  • 将来、是非、行ってみたい
    25.0%
    5,89725.0%
  • 行きたくない/興味がない
    43.8%
    10,31743.8%

※統計に基づく世論調査ではありません。結果は予告なく削除することがあります。
「意識調査」のデータ利用について

性別

男性81.2%
81.2% 18.8%
18.8%女性

年代

  • 10代
    2.0%
    2.0%
  • 20代
    4.3%
    4.3%
  • 30代
    9.5%
    9.5%
  • 40代
    25.3%
    25.3%
  • 50代
    28.9%
    28.9%
  • 60代
    23.8%
    23.8%
  • 70代以上
    6.2%
    6.2%

職種

  • 役員・管理職
    16.4%
    16.4%
  • 専門職
    9.8%
    9.8%
  • 公務員
    4.1%
    4.1%
  • 技術・製造
    7.4%
    7.4%
  • デザイン・マスコミ
    1.2%
    1.2%
  • 事務職
    7.2%
    7.2%
  • 営業・マーケティング
    4.2%
    4.2%
  • 接客・販売
    1.7%
    1.7%
  • 学生
    2.8%
    2.8%
  • 主婦
    6.6%
    6.6%
  • 自営業
    12.5%
    12.5%
  • 無職
    6.1%
    6.1%
  • 定年退職者
    10.8%
    10.8%
  • その他
    9.2%
    9.2%

居住地

  • 北海道
    3.6%
    3.6%
  • 東北
    5.3%
    5.3%
  • 関東
    (東京以外)
    25.5%
    25.5%
  • 東京
    17.3%
    17.3%
  • 信越・北陸
    4.2%
    4.2%
  • 東海
    11.4%
    11.4%
  • 近畿
    17.1%
    17.1%
  • 中国・四国
    6.3%
    6.3%
  • 九州
    6.7%
    6.7%
  • 沖縄
    1.1%
    1.1%
  • 海外
    1.5%
    1.5%

パーソナル設定 (設定済み)

意識調査を検索